塾に行くのは、時間の必然性が大事なのです

70代に近い人が、無料地方紙の家計診断を見て、このように経費を削減したらいいといいます。できることならそうしたい。でも、できないのです。ここで、共通するのが、子供が、大人になった人と、そうでない人なのです。
お年寄りになれば、いくらか違いが分かるかもしれませんが、お子さんのいるご家庭と、そうでないご家庭の、幸福度は、どちらが高いかといえば、ご夫婦のほうが高いかもしれません。自分にお金が使えます。美しさが違います。
たとえパーツが悪くてもです。一方、子供のいるほうは死に物狂いです。どうにかして、自立させなければいけないからです。
子供にかかる費用は大きいです。以前、塾のチケットをもらえるという政策があったように思いますが、ぜひ、それを実現してほしいです。塾の費用は膨大です。
塾に行くのは、何がいいのかというと、モチベーションのアップと、何よりも、必然的に勉強できるという時間なのです。必然というところが大きいです。